はたらくクルーの声 はたらくクルーの声

ジョナサン キッチン

天野さん経験者・主婦

ブランクがあっても、
「おかえりなさい」と笑顔で迎えてくれる。

やりがいに満ちていた
「楽しかったあの頃」。

私のジョナサンデビューは、主婦業が落ち着いた頃のことです。自転車で家から数分のところにお店がオープンし、友達がはたらき始めたので、「私も」とデビューしました。
始めてみて、メニューが豊富でどんなオーダーが入るかわからない緊張感がおもしろかったことを覚えています。遅れないように提供するのは大変でしたが、キッチンでは、「今日はうまくいったね」「次はこんな工夫をしよう」など、みんなで相談するのも楽しかったです。とても肌に合っていて、やりがいに満ち溢れていました。
家庭の事情でお店から離れることになりましたが、当時の「楽しさ」や「やりがい」を思い出し、10年後にカムバックすることに決めました。

あたたかい場所だから、
離れたくない。

忙しいピークタイムにみんなで一丸となり、料理を遅れることなく提供できた達成感は、今でも格別で当時と変わりません。
お店では、みんなが「いつでもお客様の立場になって、おもてなしをすること」を常に心掛けています。例えば、ご家族でいらしたお客様には、お子様のメニューを第一に提供するなど、「自分が来店した時にしてほしいこと」をみんなで話し合っています。毎日が本当に楽しいです。そのようなあたたかい場所なので、離れたくないし、戻りたくなったのかもしれません。
どんなにブランクがあっても、「おかえりなさい」と笑顔で迎えてくれるのがすかいらーくのお店。思い切って一歩踏み出せば、きっと「戻ってきてよかった」と思うはずです。

応募する